おすすめ記事家のことにまで手が回らない共働き

結婚後の歩み方

転勤に関する結婚生活の悩み

2016年11月03日

生活が変わってしまう可能性のある夫の転勤


夫の転勤という悩み

昔から多い夫婦の悩みとしては、夫の転勤に対して妻はどう向き合うのかという問題です。夫が転勤の辞令を断れるのであればそれも選択肢の1つとなりますが、多くの場合は社内の力関係や圧力の中で断ることが出来ません。仮に断ることが出来たとして、会社を解雇されることは流石にありませんが多くの場合評価がマイナスになってしまい出世の道を断たれてしまいます。
夫が転勤するとなると妻や家族もついていくか、それとも単身赴任をしてもらうのか選ばなければなりませんが、どちらにしても大変な道を歩むことになるので注意が必要でしょう。

夫の転勤という悩み

転勤の多い時期

ちなみにですが男性に転勤が多い時期はある程度決まっていると言われており、1年の中では7月が最も多いと言われています。そのため子どもが新しい学校に入ったり、新しいクラスに入って関係性を築き始めたりした時期という場合が多く、その事も大きな悩みの種となります。
またこうした決まった時期の他にも、例えば結婚して子どもが生まれたばかりの時期や自宅を購入したばかりのタイミングは転勤の辞令が多いと言われており、その理由は家族や家のローンがあるため会社を辞めづらく転勤の辞令も断れない場合が多いためと言われています。

転勤の多い時期

一緒についていく場合

夫の転勤に妻もついていくケースを考えた場合、大きなポイントは妻のこれまでの仕事と子どもの学校のことになります。まず妻の仕事はどこかに正社員で働いていたのであれば、会社に事情を話し夫の転勤先に勤務先や系列会社の事業所などで転勤可能な所がないか相談してみると良いでしょう。どうしてもそうした選択肢がない場合は、新天地で転職をするという選択肢もあります。その場合は引っ越しと転職活動の両方を同時に行わなければならなくなるので大変になってしまうので、しばらく休職期間を設けて失業保険をもらっても良いかもしれません。ただこの場合の大きな悩みとして、夫の転勤辞令が恒常的なものか一時的なものかという問題があります。せっかく新天地で生活や仕事の基盤を築いたのに、また転勤の辞令が出てしまってはたまったものではありません。

一緒についていく場合

単身赴任をしてもらう場合

夫に転勤の辞令が出てしまった場合の選択肢としては、一緒についていく他に夫に単身赴任をしてもらうという方法も存在します。この場合は子どもの学校を変えるのがどうしても難しいという場合や、妻の仕事の都合によるものという場合が多いようです。単身赴任をしてもらうとどうしても夫婦の絆をどう維持していくかという問題が生じるので、小まめに連絡を取り合うなどの努力が必要です。

単身赴任をしてもらう場合

自分の条件に合った仕事を探すなら

環境の変化に対応する方法とは?
転勤族の夫を持つ妻の働き方
転勤族の夫を持つ妻の働き方

転勤族の夫を持つ妻が外で働こうとした場合、どうしても転職が多くなるためそのことに対応するための工夫が必要になります。例えば、雇用形態では正社員にこだわらないようにしたり、何か資格を取得して手に職をつけるなどの方法があります。