おすすめ記事日本最大級の求人件数を誇る「ジョブデポ保育士」

結婚後の歩み方

働くことと結婚について

結婚後の歩み方

カテゴリー一覧

  • サイトポリシー

    サイトポリシー

    当サイトでは結婚後の仕事について悩みを抱えている女性が多いことから、そうした方の助けとなるような情報提供を行っています。そしてその情報提供を行う上で適切なサイト運営ができよう、サイトポリシーを定めております。具体的には、当サイトをご利用する際の免責事項について、当サイトを閲覧される方の個人情報を保護するためのプライバシーポリシーについてです。当サイトへのお問い合わせ先も記載していますので、ご確認ください。

  • 改めて夫婦のあり方を考える

    改めて夫婦のあり方を考える

    現代はライフスタイルが多様化しているので夫婦の形も多様化していますが、ここで改めてどういった夫婦の形が理想の形と言えるのかを考えてみましょう。もちろんこのようにするのが良いという正解があるわけではなく、各夫婦ごとにどういった論点や視点を持つべきなのかという点を理解することが大切です。また主な夫婦の形は共働きか、女性が専業主婦となるかなのですが、それぞれどういったメリットがあるのかを理解することも重要でしょう。

  • 結婚後も尽きない悩み……

    結婚後も尽きない悩み……

    「大婚活時代」と言えるほどに結婚を望む女性が増加し、様々な婚活サービスも登場しています。もちろん結婚を望むこと自体は良いことだと思うのですが、結婚をすれば人生から悩みがなくなるわけではありません。例えば共働きの場合は家事の負担がいままで以上に大きくなってしまいますし、専業主婦の場合もこれまでとの環境の変化に戸惑ってしまうでしょう。また夫が転勤族の場合、引越しが多くなるのでそうした環境の変化にどう対応するのかという問題も発生します。

  • 環境の変化に対応する方法とは?

    環境の変化に対応する方法とは?

    特に夫が転勤族という場合、妻はそれについていくのか、夫に単身赴任をしてもらうのかという選択をまずは迫られます。そして夫についていくという場合は自分の仕事をどうするのか考えなくてはいけません。専業主婦になるのであれば良いですが、共働きでいくというのであれば自分も引越しに合わせて転職活動をする必要があります。なおその場合は、信頼出来る求人サイトを上手く活用すると良いでしょう。特に職種が決まっている場合は専門特化型の求人サイトの利用がおすすめです。

自分の条件に合った仕事を探すなら

環境の変化に対応する方法とは?
転勤族の夫を持つ妻の働き方
転勤族の夫を持つ妻の働き方

転勤族の夫を持つ妻が外で働こうとした場合、どうしても転職が多くなるためそのことに対応するための工夫が必要になります。例えば、雇用形態では正社員にこだわらないようにしたり、何か資格を取得して手に職をつけるなどの方法があります。