おすすめ記事家のことにまで手が回らない共働き

結婚後の歩み方

結婚後の働き方について考える

2016年11月26日

転勤族の夫を持つ妻の働き方


転勤族の主婦は大変

転勤族の妻になってしまった場合、今後落ち着いた人生は望みづらいと思っておいた方が良いでしょう。夫の転勤に合わせて自分や子どもも引越しをする場合、どうしても子どもの学校や生活環境の変化による負担が生じます。またそれだけではなく共働き場合は自分の仕事をどうするのかという問題も生じます。もしあなたが長く1つの会社で働きたいという希望を持っていたとしても、夫が転勤族で単身赴任させないのであれば、よほど特殊な場合を除いて1つの会社で勤め続けることはできません。

転勤族の主婦は大変

転勤族の妻が取る雇用形態

世の中には多くの働き方があり正社員だけが雇用の形ではなく、例えば他にパートタイムや派遣社員、契約社員などの形があります。そして転勤族の妻の場合、正社員はよほど特殊なスキルや資格がないと難しいかもしれません。もっとも選びやすい雇用形態はアルバイトや派遣社員と言えるでしょう。その他に在宅ワークや場所に縛られない自営業はそれらを仕事にできるスキルがあるのであれば良い働き方と言えるでしょう。

転勤族の妻が取る雇用形態

有期雇用も選択肢の1つ

転勤族の妻の場合は仕事を続けられる期間に限りがあるので、有期雇用の仕事を探すのもおすすめの選択肢の一つです。期間限定の仕事は給与が他の仕事よりも高い場合もあるので、その点もメリットと言えるでしょう。

有期雇用も選択肢の1つ

資格取得も選択肢

どうしても正社員で働きたいというのであれば、資格職に挑戦するのもおすすめです。他の雇用形態も悪くはありませんが正社員の方が社会保険や雇用保険などの面で優遇されていることが多く、その魅力は捨てがたいと言えるでしょう。
おすすめの資格職はいつくかありますが、例えば保育士の仕事は特におすすめの資格職の1つです。最近は待機児童の問題が大きく取り上げられていますが、人手不足に悩む保育園は多く、需要は非常に高まっています。そのため、夫がどこの地域に転勤になっても就職しやすいでしょう。
また、介護の仕事もおすすめです。日本は大変な勢いで社会の高齢化が進んでいるので、介護に関する需要は増えこそすれ減ることはなく、さらにロボットやAIに置き換えられる余地も少ない仕事です。それに介護に関する施設は全国どこにでもありますので、例え転勤族の妻として全国を移動することになっても職場探しに困る心配はありません。また介護の仕事は特に年齢の制限というものもなく、自分が元気なうちは何歳からでも始められるし続けられる仕事というのも魅力の1つでしょう。
その他におすすめの資格としては、介護と同じような理由で医療事務などの資格もおすすめです。医療事務もやはり医療に関する需要の増加の中で人手不足になっている仕事ですので、職を見つけやすい資格と言えます。またその他には、例えばファイナンシャルプランナーなども女性に人気の資格なので、目指してみても良いかもしれません。

資格取得も選択肢

自分の条件に合った仕事を探すなら

環境の変化に対応する方法とは?
転勤族の夫を持つ妻の働き方
転勤族の夫を持つ妻の働き方

転勤族の夫を持つ妻が外で働こうとした場合、どうしても転職が多くなるためそのことに対応するための工夫が必要になります。例えば、雇用形態では正社員にこだわらないようにしたり、何か資格を取得して手に職をつけるなどの方法があります。