おすすめ記事義理の家族と上手く付き合うコツ

結婚後の歩み方

全国の管理栄養士の求人を探すなら栄養士のお仕事がおすすめ

2019年03月15日

専任のキャリアアドバイザーがつく「栄養士のお仕事」


管理栄養士の魅力

病気の方から健康な方まで、様々な方の健康をサポートする管理栄養士。病院をはじめ、学校や社員食堂、レストランなど、数多くの現場で活躍できるため、働き口が多いという魅力があります。さらに管理栄養士は国家資格であり、資格を持っていなければその肩書を名乗れない名称独占資格です。このような資格ありきの仕事は全国どこでも需要があるため、結婚相手の仕事の都合により1つの場所に留まっておけない方にも管理栄養士はおすすめといえるでしょう。 また管理栄養士の魅力は求人が豊富であることだけではありません。生きる上で食事とは欠かすことのできない重要なものです。美味しいものを食べることを生きがいにしている方もいます。管理栄養士は、そんな人生から切り離せず、なおかつ人生をより豊かにすることも可能な食事に関する職業です。人の人生に寄り添うことになるため、プレッシャーは感じるでしょうがやりがいも大きいでしょう。また管理栄養士として身につけた知識は普段の生活でも活かせます。自分や家族の健やかな毎日も支えられるというところも魅力の仕事なのです。 管理栄養士になるには管理栄養士養成施設で4年間学び、管理栄養士国家試験に合格する必要があります。4年間の就学が難しい場合は栄養士養成施設に通い、まずは栄養士を目指すと良いでしょう。栄養士は主に健康な方に栄養指導を行う職業です。栄養士であれば最短2年でなることができます。栄養士として実務経験を積んでいくと、1年から3年(養成施設に通った年数で異なります)で管理栄養士国家試験の受験資格を満たせるため、将来的には管理栄養士になることも可能です。夜間学校や通信教育はありませんが、養成施設はどちらも全国各地にあるため、昼間に学ぶ時間があり2年以上通えるのであれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

管理栄養士の魅力

栄養士専門の「栄養士のお仕事」

栄養士もしくは管理栄養士になった後は求人を探すことになります。その際は栄養士や管理栄養士の求人を専門に扱っている求人サイトを利用すると良いでしょう。様々な業界や職業の求人を総合的に扱っているサイトよりも栄養士や管理栄養士の求人が多いため、自分の希望と合致した求人に出会える確率も高いはずです。また転勤により住む場所が転々とするわけですから、求人サイトも全国の求人を扱っているところをおすすめします。そこで推奨するのが栄養士のお仕事です。栄養士のお仕事は都会だけでなく地方の求人も扱っています。地方に移り住むことになったとしても、求人を見つけることができるはずです。またたとえ公開求人では見つけられなかったとしても、一般には公開されていない非公開求人を多数お持ちのため、そちらで探すときっと希望の求人を見つけられるでしょう。

栄養士専門の「栄養士のお仕事」

専任のキャリアアドバイザーによる転職サポート

栄養士のお仕事は、求人の紹介だけでなく専任のキャリアアドバイザーによる転職サポートを提供しているところも魅力の1つ。面接のフォローや就業条件の交渉、入職準備のアドバイスといったサービスを無料で受けられます。この求人に応募したいけど勤務時間が厳しい、もっと給与を上げてほしいなど、自分からは言い出しにくいこともキャリアアドバイザーが代わりに交渉してくれるので、より良い条件で働けるでしょう。 また栄養士のお仕事の魅力として、専任のキャリアアドバイザーがつくところの他に、その職場の良い点だけでなくそこで働いた場合の懸念点なども教えてくれるところも挙げれます。悪い点も含めて働きたい職場を検討できるため、働き始めてからギャップを感じることは少ないでしょう。

コンサルタントが徹底サポート

自分の条件に合った仕事を探すなら

環境の変化に対応する方法とは?
転勤族の夫を持つ妻の働き方
転勤族の夫を持つ妻の働き方

転勤族の夫を持つ妻が外で働こうとした場合、どうしても転職が多くなるためそのことに対応するための工夫が必要になります。例えば、雇用形態では正社員にこだわらないようにしたり、何か資格を取得して手に職をつけるなどの方法があります。